女子会をお得にする方法|お店選びのコツを公開

バイキングが楽しめる

ピザ

ドイツの食文化とは

ドイツ料理で最も有名な料理と言えばハンバーガーですが、それはドイツの都市ハンブルグで考案された料理なのでハンバーガーという名前になりました。当時は質の悪い牛肉をどうにかして食べようとして色々な香辛料と野菜とまぜて焼いて食べたのがはじめりです。ハンブルク市内ではむしろ魚介のほうが盛んで、移民たちがハンブルクに移り住むように考案されました。ソーセージとハムの種類も豊富で、ドイツ料理が味わえるホテルのバイキングなどでも10種類以上あるほどです。日本だとせいぜい2種類ほどですが、この辺に食文化の違いが現れています。

日本と似ているところもあります

更にドイツではパンの文化も盛んであり、バイキングでさえ10種類以上のものが並びます。パンのほかの主食としてはジャガイモがあるのですが、ドイツ人にとってのジャガイモは日本人にとってのお米と同じです。そのためドイツではナイフは刺さずにフォークで食べる事が基本です。日本で箸をご飯に立てないのと同じような意味合いです。また日本人には馴染みのないものですが、豚の血を使ったソーセージが名物でよく食べられています。日本では豚は内臓まで綺麗に食べますが血までは食べません。内臓はわりとドイツでは捨てるのですが血は利用するというのが、食文化の違いが現れています。物を大切にするという食文化は同じですが、大切にするものが違うというのは興味深いことです。そんなドイツ料理はホテルのバイキングなどで食することが可能となっており、ホテル以外にも店舗で提供しているところもあります。ドイツ料理を食べたことがない人は是非この機会に足を運んでみると良いでしょう。