女子会をお得にする方法|お店選びのコツを公開

多様な食文化

洋食

シンガポールの食文化について

中華の出身の人が国の中心となっているので中華料理は全て食べられます。中国はとてもつもない広さですがシンガポールに皆集まってくるので狭いシンガポール国内だけで中華全土の料理が食べられるというのが特徴です。もちろんマレーシアやインド系の料理も食べられ、20世紀前半の影響からヨーロッパ料理も豊富にあります。東京でも世界中の料理が食べられると言われていますが、それに負けないほど料理の豊富さがあるというのがシンガポールの食文化です。

とても豊かな食生活です

多民族国家であるシンガポールでは食事の区域などがきまっています。民族によっては宗教で豚肉が食べられなかったり、お酒が飲めなかったりということがあります。それに配慮されてスーパーなどでも厳格な基準が取られている事が多いです。またホーカーズセンターというのが発達していて、これは昔屋台だった店が一箇所に集まり店舗として出店されているものです。夜食を食べるときは家で食べるのではなくホーカーズセンターに行って食べるという事が多いです。移民が多く、食事を作るという食文化がなかったため、外で食事をするという食文化が発達したというのは歴史の流れをたどっているようです。日本も外で食事をする人が増えてきており、シンガポール料理を扱っている店舗数も増加傾向に見られます。そのためシンガポール料理は全国どこでも味わうことが出来るのですが、家から近いところを探す場合はインターネットが便利です。自宅や職場から近い料理店を簡単に見つけることができ、尚且つ提供しているメニューも確認することができます。