女子会をお得にする方法|お店選びのコツを公開

店舗で異なるメニュー

パエリア

スペインの食文化について

スペインですが日本と同じように肉も魚も食べますし、穀物も豊富です。そのためスペインの食文化について説明します。スペインはその地域上、魚が取れます。世界でも魚を生のまま食べるというのは珍しい事ですがスペインではその珍しい生食を行っている地域です。カルパッチョにして食べるのが多いですが、生でも食べられます。魚介類も食べられますが肉食が基本の国です。牧畜が古くより行われているため肉料理の豊富さには定番があります。日本と同じように食べ物を大切にする文化が根付いていて、内臓や血もほとんどすべて使いきります。

1日に5食を食べます

スペイン人は1日5食食べるといわれていますが、本当に多くの食事を行います。朝昼晩は日本と同じですが昼食の少し前にサラリーマンも主婦もバルとよばれる気軽に立ち寄れる飲食所で小腹を満たします。そして昼ですが、本格的に食べるというのがスペイン独自の食文化です。日本では考えられないことですが2時の昼食の時間になるとサラリーマンは家に帰ってゆっくりと食事をします。シエスタという昼寝の時間はありますが、それは昼にたっぷりと食べるからこそ生まれた文化です。昼食の後に軽い食事をした後、家族みんなでの夕食になりますがスープやヨーグルトで済ませることが多いです。昼に重きをおいているので、夜は軽くというのが特徴の食文化です。スペインの食文化というのは独自なものですが日本と同じように家族みんなで食べるようにするという点が近いところです。軽食で済ませることもあるので、スペイン料理を扱っている店舗ではスープやヨーグルトのメニューを提供しているところもたくさんあります。また、店舗によっては魚を生のまま食べることも出来ますが日本人の好みに合わないことも考えて調理し、味付けをしているところも多いといえるでしょう。